ニュース
» 2015年01月16日 15時27分 UPDATE

KADOKAWAがリストラ 希望退職300人募集

KADOKAWAが300人程度の希望退職者を募集。収益力の強化へ強い組織の構築が必須という。

[ITmedia]

 KADOKAWA・DWANGOは1月16日、事業子会社のKADOKAWAが300人程度の希望退職者を募集すると発表した。収益力を強化するため、強い組織・人員体制の構築が必須と判断したという。

 今年3月末時点で41歳以上かつ勤続5年以上の正社員を対象に、3月2〜20日まで募集する。退職日は4月30日。応募者には特別支援金の支給と再就職支援を行う。

 KADOKAWAは買収や合併などを繰り返してきた経緯があり、ドワンゴと経営統合した現在、業務の重複や人員の偏在がみられるという。デジタル分野でのコンテンツ強化など基本戦略の着実な実行による収益力の強化と成長を確実にするため、より強い組織・人員体制を構築するための一環と説明している。

 経営統合前のKADOKAWAの14年4〜9月期決算は、売上高が前年同期比2.4%減の704億円にとどまり、営業損益は9億3300万円の赤字に陥っている。ここ数年好調だった文庫やコミックスの売り上げ減や返本率の上昇で収益性が低下し、雑誌販売・雑誌広告収入も減少している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -