ニュース
» 2015年01月20日 17時06分 UPDATE

「ギリギリセーフ」――LINEの「ガラホ」対応、最終回答は数日前だった LINE幹部が明かす

auの「ガラホ」こと「AQUOS K」にLINEを対応させると最終的に回答したのは発表会の数日前で、「ギリギリセーフだった」と、LINEの舛田氏が明かした。

[ITmedia]
画像 舛田氏の755トーク「LINE舛田の質問ありますか」より

 「実は対応させると最終回答したのは数日前。。。ギリギリセーフw」――LINEの舛田淳CSMO(最高戦略・マーケティング責任者)は1月19日、同日発表されたauの「ガラホ」こと「AQUOS K」にLINEを対応させると最終的に回答したのはギリギリのタイミングだったと、トークアプリ「755」で明かした。

 AQUOS Kは、折りたたみ式のフィーチャーフォン端末ながらAndroidを搭載した“見た目はガラケー、中身はスマホ”の端末だ。Google Playなど外部のアプリストアには対応せず、プリインストールアプリと、専用にカスタマイズした「auスマートパス」からダウンロードしたアプリのみ利用できる。

 19日にKDDIが開いた冬モデルの発表会では、同端末のキラーアプリの1つとして「LINE」が紹介され、端末のニュースリリースにもLINEが対応する旨が書かれていたが、会場の実機にはLINEは組み込まれていなかった。

画像 AQUOS K

 舛田氏は「755」で、「ガラホ端末、流行りそうでしょうか?」というユーザーからの質問を受け、「各キャリアの推し方次第ではありますが、ニッチ端末として、ある程度のユーザーはつくと思います」などと回答している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -