ニュース
» 2015年01月22日 06時12分 UPDATE

Microsoft、新ブラウザ「Spartan」(コードネーム)を正式発表

MicrosoftはWindows 10に搭載されるとうわさされていた新ブラウザ「Project Spartan」(コードネーム)を発表した。Windows Insider Programのメンバーは数カ月中に体験できるという。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは1月21日(現地時間)、ワシントン州レドモンドの本社キャンパスで開催した「Windows 10」のプレスイベントで、うわさされていたWindows 10の新Webブラウザを発表した。

 コードネームは「Project Spartan」で、同社Operating System部門コーポレートバイスプレジデントのジョー・ベルフィオーレ氏によると、正式名称はSpartan以外になる可能性もあるという。

 うわさではレンダリングエンジンはInternet Explorer(IE)と同じ「Trident」とされているが、ベルフィオーレ氏は「新しいレンダリングエンジンを採用した」と語った。

 イベントで紹介された主な機能は3つ。

 まず、うわさ通りのアノテーション機能。Spartanで表示したWebページにスタイラスで書き込みができ、それをOneDriveに保存してユーザー同士で共有できる。ベルフィオーレ氏はデモで、米The VergeのSpartanに関するスクープ記事に書き込みをしてみせた。

 spartan 1 タッチ対応ディスプレイで、Webページにスタイラスで直接書き込みができる

 タッチ対応ディスプレイではない場合は、Webページの任意の場所をクリックすることでメモを入力できる。

 2つ目は、米AppleのSafari搭載の「Reading List」のようなマルチ端末対応の“あとで読む”機能としても使える「Reading Mode」。Webページを「本のように」シンプルな表示にして読むことができ、端末に保存すればオフラインでも読める。

 spartan 2 Reading Mode

 3つ目は、昨年4月にWindows Phone向けのパーソナルアシスタント機能として登場し、Windows Phone 8.1に搭載された「Cortana」の統合。

 アドレスバーから地域の天気予報をチェックしたり、アドレスバーに「Delta」と入力するだけでユーザーが予約したフライトのスケジュールが表示される。

 デモでは、レストランのWebサイトを表示すると、ページの右横にCortanaがまとめたそのレストランに関する情報カードが表示され、そこから予約できることなどが紹介された。

 spartan 3 レストランのサイトを表示すると、自動的にCortanaが情報カードを追加する

 Spartanの具体的なリリース時期や、SpartanがIEに置き換わるのかどうかは発表されなかった。ベルフィオーレ氏は、3〜5カ月以内にWindows Insider Programのメンバーが体験できるようになると語った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -