ニュース
» 2015年01月23日 12時28分 UPDATE

ソフトバンク、通信4社を統合 ソフトバンクモバイルがワイモバイルなど吸収合併

ソフトバンクモバイルがソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルを4月1日付けで吸収合併。ソフトバンクモバイルを存続会社とし、3社は消滅。

[ITmedia]

 ソフトバンクは1月23日、傘下で通信事業を展開するソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルの4社が4月1日付けで合併すると発表した。ソフトバンクモバイルを存続会社とし、3社を吸収合併する。

 「各社が有する経営資源を集約し、国内通信事業の競争力を一層強化することで企業価値の最大化を図る」としている。合併後新会社は構造改革を通じて経営効率を高めるほか、ソフトバンクグループ各社とともに、IoT(Internet of Things)やロボット、エネルギーなどの分野でも事業拡大を目指すという。

 既存サービスのブランド名は維持し、移動通信サービスは「ソフトバンク」「Y!mobile」で引き続き展開する。各社が提供中のサービスも継続して利用できるとしている。

 ソフトバンクモバイルは携帯電話事業、ソフトバンクBBは「Yahoo!BB」ブランドでブロードバンドサービス、ソフトバンクテレコムは固定通信事業をそれぞれ展開。ワイモバイルはウィルコムとイー・アクセスが合併して昨年6月1日に発足したばかりで、Y!mobileブランドで携帯・PHS事業を展開している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -