ニュース
» 2015年01月28日 12時32分 UPDATE

NTTの光回線卸を活用「ビッグローブ光」スタート

NTT東西地域会社の光回線卸売り解禁を受け、ビッグローブがNTT東西から光回線を借り受けて提供するFTTHサービス「ビッグローブ光」が2月1日にスタートする。

[ITmedia]
画像

 ビッグローブは1月28日、NTT東西地域会社の光回線卸売り解禁を受け、同社がNTT東西から光回線を借り受けて提供するFTTHサービス「ビッグローブ光」を2月1日から提供すると発表した。

 FTTH回線とISPを別々に契約する従来のサービスと異なり、回線とISPをセットにして同社から一括で提供するサービス。マンションタイプは月額4080円(税別、以下同)、ファミリータイプは月額5180円と割安に抑えた。

 同社はISPユーザー向けに、音声通話とLTE通信に対応したBIGLOBEスマートフォン「うれスマ」を200円引きで利用できるサービスを従来から提供しており、「ビッグローブ光」のユーザーが「うれスマ」も利用すれば、「うれスマ」の月額料金が200円引きの2780円となる。

 NTT東西の光回線の新規利用者で、3月1日までに「ビッグローブ光」を申し込んだユーザーには1万円をキャッシュバックするキャンペーンも実施する。

 今後、光IP電話やインターネットテレビなどのオプションサービスも順次拡充する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -