ニュース
» 2015年02月02日 19時22分 UPDATE

名刺サイズコンピュータの新モデル「Raspberry Pi 2」登場 クアッドコア・メモリ1Gバイトで6倍超に高速化

名刺サイズの超小型コンピュータの新モデル「Raspberry Pi 2」が発売された。価格は従来品から据え置きで、6倍超の高速化を実現したという。

[ITmedia]

 アールエスコンポーネンツは2月2日、名刺サイズのシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」の新モデル「Raspberry Pi 2 Model B」を発売した。同社ECサイトでの価格は4291円(税別)。

photo

 プログラム教育用教材として開発されたLinuxベースの小型コンピュータ。豊富なオープンソースソフトウェアが動作すること、安価な値段などで人気を集め、2012年の発売以来、世界で400万台以上が販売されている。

 コストパフォーマンスはそのままに、プロセッサとメモリを強化し、6倍超の高速化を実現。プロセッサにはARM Cortex-A7コアを4基備えた「BCM2863」を採用し、メモリ容量は1Gバイトに。GPIOやUSBポートの入出力部分、高効率スイッチング電源、ボード形状などは従来品の「Model B+」と同等。Raspberry Pi 1と完全に互換性があるとしている。

 開発元の英Raspberry Pi財団のブログによると、米Microsoftの協力の下、Windows 10が開発者に無償提供されるようだ。MicrosoftはWindows 10のRaspberry Pie 2対応と同コンピュータの開発者/メイカーズ向けにWindows 10を無償提供する方針を明らかにし、IoT向け開発者プログラムへの登録を呼び掛けている

 現行品で用意されている廉価版「Model A+」の新モデルの年内の発売は予定していないという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -