ニュース
» 2015年02月10日 18時26分 UPDATE

クイズ王に勝ったIBM「Watson」、いよいよ日本語を学ぶ

クイズ王に勝ったことでも知られるIBM「Watson」がいよいよ日本語を学ぶ。日本IBMとソフトバンクテレコムが共同でWatsonを教育し、国内向けに提供していく。

[ITmedia]

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)とソフトバンクテレコムは2月10日、「Watson」に日本語を学習させ、Watsonを活用したさまざまなアプリケーションを共同展開すると発表した。

photo 米IBMサイトに「Watsonは日本語を学んでいます」

 Watsonは人間のクイズ王に勝利したことで知られる、自然言語ベースのコグニティブ(認知的)技術。クラウドで提供され、人間が自然言語で投げかける複雑な質問を解釈し、膨大なデータの中から根拠に基づいた回答を提案する。膨大なレシピデータから料理を提案するアプリケーションもあるが、これまでWatsonは日本語には対応していなかった。

 Watsonがアルファベット以外の文字による言語に対応するのは初めてという。データ分析によって意志決定の改善が期待できる教育や銀行、保険、小売り、医療などの分野で普及を目指す。

photo 「シュタインズ・ゲート」とのコラボも話題になった

 両社はWatsonへの日本語学習で協力し、Watsonが日本語による質問を解するようにする。日本で利用可能なAPIと開発環境も提供するほか、ビジネスパートナーや開発者、起業家らとコグニティブコンピューティングによるエコシステムの構築・拡大を目指していく。Watsonはソフトバンクテレコムの国内データセンターで運用する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -