ニュース
» 2015年02月12日 13時00分 UPDATE

Apple Watch待ちのスマートウォッチ市場──Android Wearの2014年出荷台数は72万台

調査会社Canalysによると、2014年1年間に出荷されたAndroid Wear端末はわずか72万台で、7月に中国で発売されたXiaomiの「Mi Band」の100万台に届かなかった。4月の「Apple Watch」発売でスマートウォッチ市場は激変するとCanalysは予測する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleが昨年3月に発表したAndroidウェアラブル端末「Android Wear」搭載端末の2014年の総出荷台数は、“スマートウェアラブルバンド”全体の16%に当たる72万台超だった──。シンガポールの調査会社Canalysは2月11日(現地時間)、このような調査結果を発表した。

 Canalysは、スマートフォンの周辺機器として機能し、サードパーティー製アプリも稼働する身体に装着する端末をスマートウェアラブルバンドと定義する(クリップタイプのアクティビティ追跡端末は除く)。スマートウェアラブルバンドの2014年の総出荷台数は460万台だった。

 Android Wear端末の中では中国Lenovo傘下のMotorola製「Moto 360」が群を抜くトップ(具体的な台数は明示していない)で、Moto 360と同じラウンドフェイスの韓国LG Electronicsの「G Watch R」はオリジナルの「G Watch」より好調だった。

 canalys 1 Moto 360

 Android Wear以外では、「Pebble」の製品が2013年の立ち上げから2014年末までで合計100万台出荷した他、昨年7月に中国でのみ発売された中国Xiaomiの「Mi Band」が約5カ月で100万台以上出荷した。

 canalys 2 Mi Band

 Canalysは、米Appleが4月に発売する予定の「Apple Watch」がスマートバンド市場を劇的に変えると予測し、Android Wearは今後機能などを大きく向上させる必要があると指摘した。

 canalys 3 Apple Watch

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -