ニュース
» 2015年02月16日 12時14分 UPDATE

「楽天チケット」で他人の氏名・住所など誤表示の可能性

「楽天チケット」でチケットを購入しようとしたユーザーの氏名や住所など個人情報が、別のユーザーに誤表示された可能性。

[ITmedia]
画像 楽天チケット

 楽天グループでチケット販売サイト「楽天チケット」を運営するチケットスターは、2月15日、チケットを購入しようとしたユーザーの氏名や住所など個人情報が、別のユーザーに誤表示された可能性があったと発表した。対象となる可能性があるユーザー数は169人。システムメンテナンス時の不具合が原因という。

 14日午後9時ごろから15日午前0時45分ごろにかけ、チケットを購入したり、マイページや購入履歴にログインしたユーザーが対象となる可能性があり、氏名、住所、電話番号、メールアドレスが表示された恐れがあるという。クレジットカード情報は含まれていない。

 原因はサーバメンテナンス時の作業ミスで、外部からの攻撃などの可能性はないとしている。不具合は既に解消済み。今回の事象による個人情報の悪用による被害は15日時点で確認していないとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -