ニュース
» 2015年02月18日 11時03分 UPDATE

Apple Watch出荷、まずは500万〜600万台から──Wall Street Journal報道

2014年通年のスマートバンドの総出荷台数は460万台と報じられているが、Appleは「Apple Watch」を発売四半期に500万〜600万台出荷するようだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleが4月に米国で発売する予定のスマートウォッチ「Apple Watch」の第1四半期の出荷台数は500万〜600万台になる──。米Wall Street Journalは2月17日(現地時間)、この件に詳しい複数の情報筋の話として、Appleがアジアのサプライヤーにこの台数のApple Watchの製造を委託したと報じた。

 Apple Watchには3モデルあるが、ある情報筋によると、出荷台数の内訳は、349ドルからのエントリーモデル「Apple Watch Sport」が総出荷台数のほぼ半分、ミドルレンジの「Apple Watch」が3分の1、ボディが18金でディスプレイがサファイアクリスタルの「Apple Watch Edition」がその残りという。つまり、600万台の場合、Editionは100万台ということになる。

 watch 1 Apple Watch Edition

 AppleはまだApple Watch Editionの販売価格を発表していないが、Wall Street Journalは4000ドル以上になると予測する。

 Appleのデザイン担当上級副社長、ジョナサン・アイブ氏は米The New Yorkerのインタビューで、Apple Watch販売に向けて、Apple Storeを高級時計店のように改装する計画について語った

 過去のAppleの新製品の最初の四半期販売台数としては、例えば、2010年4月に発売したiPadの同年4〜6月期の販売台数は327万台だった。

 調査会社Canalysによると、2014年通年でのスマートウェアラブルバンド(スマートフォンの周辺機器として機能し、サードパーティー製アプリも稼働する身体に装着する端末)の総出荷台数は460万台。Android Wear端末はわずか72万台という。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -