ニュース
» 2015年02月18日 19時30分 UPDATE

15年スマホ広告市場は3903億円・前年比1.3倍との予測 ネイティブ広告が成長

CyberZとシード・プランニングの予測によると、今年のスマートフォン広告市場は前年比29%増の3903億円。スマートフォン向けネイティブ広告は150億円へ急増すると見込む。

[ITmedia]

 サイバーエージェント子会社のCyberZは2月18日、スマートフォン広告市場の予測を発表した。2015年の市場規模は前年比29%増の3903億円を見込み、スマートフォン向けネイティブ広告は150億円へ急増すると予測している。

 調査はシード・プランニングと共同で実施し、新たにネイティブ広告について市場規模予測を算出した。

photo スマートフォン広告市場予測=CyberZ/シード・プランニング共同調べ

 14年の市場規模は前年比1.6倍の3008億円で、うち過半数をディスプレイ広告(1648億円)が占めた。

 今年も広告主のネット広告予算がスマートフォンへシフトしていき、ゲーム会社やオンラインショッピング、金融などで出稿ニーズは拡大するとみている。特にディスプレイ広告は前年から1.4倍の2291億円と、高い成長率を維持すると予測する。市場全体は16年に4737億円と、ネット広告市場の過半数を突破すると予測する。

 ネイティブ広告は本格的な出稿が始まった昨年は38億円だったものの、15年に150億円、17年に350億円と大幅拡大を見込む。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -