ニュース
» 2015年02月24日 17時39分 UPDATE

Google Appsユーザー向け「Inbox」招待開始へ

これまでGoogle Apps for Workでは利用できなかったGmailチームの新アプリ「Inbox」のGoogle Apps for Workユーザーの参加申し込み受付が始まった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月23日(現地時間)、昨年10月からGoogleユーザー向けに招待制で提供している新しいプロダクティビティアプリ「Inbox」を、来月から一部のGoogle Apps for Workユーザーへの試験的な提供を開始すると発表した。

 利用したいGoogle Apps利用団体は、管理者のアカウントでinboxforwork@google.com宛に参加を申し込める。ただし、やはり招待制なので申し込んでも参加できない場合もある。

 Inboxは、メールだけでなく、カレンダーの予定や商品発送通知などから抽出したリマインダーが表示されたり、メールではなく「リマインダー」を作成できたりと、メールアプリというよりはTo Do管理アプリのような性格を持つ。AndroidおよびiOS端末、WebブラウザのChrome、Firefox、Safariで利用できる。

 inbox 日時指定のリマインダーも作成できる

 Googleによると、Google AppsでのInbox利用についてはユーザーからのリクエストが非常に多かったという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -