ニュース
» 2015年02月25日 13時08分 UPDATE

Microsoft、iOS/Androidアプリもサポートする「OneDrive API」を公開

iOS/AndroidアプリやWebアプリ開発者は、「OneDrive API」を使うことでアプリにOneDriveの機能を追加できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは2月24日(現地時間)、ストレージサービス「OneDrive」をサードパーティーアプリで利用できるようにするAPI「OneDrive API」をGithubで一般公開した。

 api

 Windows、iOS、Android、Webをサポートする。サードパーティーアプリ開発者は、MicrosoftのOneNoteなどと同様のOneDriveとの連係機能をアプリに追加できる。例えばアプリで10Gバイトまでのファイルを保存したり、アプリ内でOneDrive上のファイルを検索できるようになる。

 OneDriveの競合サービス「Dropbox」を手掛ける米Dropboxは、昨年12月に同様のAPIを公開している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -