ニュース
» 2015年02月27日 15時35分 UPDATE

「白と金」「いや青と黒だ」あなたはどっちに見える? 1枚の写真をめぐりネットで激論

ある1枚の写真をめぐり、ソーシャルメディアで激論が交わされている。ドレスを写したなんの変哲もない写真だが、見る人によって色が違うというのだ。

[ITmedia]

 「白地に金のレースだろ?」「正気かい? どうみても青と黒だよ」──ある1枚の写真をめぐり、ソーシャルメディアで激論が交わされている。ドレスを写したなんの変哲もない写真だが、見る人によってドレスの色が違うというのだ。Twitterではセレブも次々に参戦し、世界で議論が盛り上がっている。

photo 話題になっている写真

 写真はあるユーザーがTumblrに投稿したのが発端とされる。そこには店頭らしき場所に陳列されているドレスが映っているが、この服の「色」が問題に。ある人は「少し暗いところに置いてある、白地に金色のレースのドレス」といい、ある人は「青地に黒のレースのドレス」だというのだ。

 写真はまたたく間に世界中に拡散。歌手のテイラー・スウィフトさんが「混乱して恐いけど、明らかに青と黒」とツイートするなど、セレブたちもTwitterでさまざまに言及しており、「#whiteandgold #blueandblack」というハッシュタグも。アンケートなどでは白と金が優勢なようだが……。

 英紙Daily Mailによると、販売されている実際のドレスは「白と黒」「赤と黒」「ピンクと黒」、そして「青と黒」。「白と金」はないようだ。

photo 青と黒はあるが、白と金はない

 ちなみに記者は最初、白と金にしか見えなかった。だが食事の後、もう一度見ると青と黒にしか見えなくなった。つまり同じ人でも両方見えるということになり、ディスプレイなどではなく、視覚の問題だということになりそうだ。「色は脳で作られる」ということを改めて感じさせるこの写真、あなたはどちらに見えますか?

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -