ニュース
» 2015年03月04日 12時56分 UPDATE

「Unity 5」に無料でほぼフル機能「Personal Edition」 「Unreal Engine 4」も無料化

ゲーム統合開発環境の新版「Unity 5」正式版を公開。無料でほぼフル機能を使える「Personal Edition」も展開する。「Unreal Engine 4」も無料化を発表。

[ITmedia]

 Unity Technologiesは3月4日、ゲーム統合開発環境の新版「Unity 5」正式版を公開した。無料でほぼフル機能を使える「Personal Edition」も展開する。

 既にEpic Gamesも「Unreal Engine 4」の無料化を発表している

photo

 Unity 5はプロ開発者と企業ユーザー向け「Professional Edition」と、従来の「Unity Free」にPro向け専用機能の大部分を加えた「Personal Edition」の2ライセンスを用意する。

  Personal Editionは、直前会計年度の総収益か総予算が10万ドル以下の個人・小規模チームで利用できる。Professional Editionには、従来は別提供だった「Team License」の標準搭載や、公開したゲームのプレイ状況を分析・レポートする機能などが含まれる。

 Professional Editionは現在16万2000円(税込)だが、円安傾向のためとして5月1日から19万4400円(税込)に値上げする。月額75ドルのサブスクリプション版も利用できる。

photo

 Unreal Engine 4は将来のアップデートを含め無料。ただしゲームやアプリケーションを制作・販売した場合、四半期ごとの総売上のうち3000ドルを超えた部分に対して5%のロイヤリティを支払う必要があるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -