ニュース
» 2015年03月12日 15時16分 UPDATE

アルツハイマー病、カマンベールチーズに予防効果あり? 東大など、原因物質抑える働き発見

アルツハイマー病の予防にカマンベールチーズが役立つ可能性があるという研究結果を東大とキリン、小岩井乳業のチームが発表。原因物質の脳内沈着を抑える働きが見つかったという。

[ITmedia]

 アルツハイマー病の予防にカマンベールチーズが役立つ可能性があるという研究結果を東京大学大学院農学生命科学研究科などの研究チームが発表した。アルツハイマー病の原因物質が脳に沈着するのをカマンベールチーズの成分が抑えることが分かり、認知症の予防への貢献が期待できるという。

photo カマンベールチーズの摂取でアルツハイマー病の原因物質の脳内沈着が減っている(右)=ニュースリリースより (c) Yuki Konoeda

 アルツハイマー病の症状を再現したマウスに、市販のカマンベールチーズから調製した飼料を摂取させたところ、アルツハイマー病の原因となる「アミロイドβ」の脳内沈着が抑えられたという。

 また、カマンベールチーズの製造時に使う白かびで発酵させた乳から、脳内の免疫細胞の一種「ミクログリア」によるアミロイドβの除去を促進する物質を見つけた。白かびによる発酵過程で生成された可能性があるという。

 チーズなど発酵乳製品が認知症の予防に効果があることは疫学的には知られていた。カマンベールチーズによる予防への有用性を確認したことで、今後認知症予防への貢献が期待できるとしている。

 成果は東京大学大学院農学生命科学研究科とキリン、小岩井乳業のチームが発表し、オンライン論文誌「PLOS ONE」に掲載された

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -