ニュース
» 2015年03月18日 16時13分 UPDATE

神戸市が「攻殻機動隊」とコラボ 「聖地巡礼」に期待、IT活用アピールも

神戸市が「攻殻機動隊」とコラボ。「聖地巡礼」による観光振興を行うほか、市のIT施策を発信する。

[ITmedia]

 神戸市は、「攻殻機動隊」シリーズ劇場版最新作「攻殻機動隊 新劇場版」(今年初夏公開予定)と、新テレビアニメ「攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE」(サンテレビなど、4月5日放送開始)と連携し、神戸市の魅力を発信するPRプロジェクトを開始する。第1弾としてティーザーサイトを公開した。

画像 ティーザーサイトより
画像 攻殻機動隊 新劇場版 (C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会

 攻殻機動隊は兵庫県出身の漫画家・士郎正宗さんの作品が原作で、近未来の神戸を想起させる架空都市・ニューポートシティが舞台。神戸市は同作と連携することで、アニメゆかりの土地を巡る、いわゆる「聖地巡礼」による観光振興を図るほか、市のIT施策を発信する。

 まず神戸市の各部署と「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会、地域ICT推進協議会などでプロジェクトチームを立ち上げ。4月以降、特設サイトの公開や市役所展望ロビーへの特設コーナー設置などを実施する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -