ニュース
» 2015年03月19日 08時26分 UPDATE

「Windows 10」への無料アップデート、海賊版からも可能に──Reuters報道

Microsoftが、今夏公開予定のWindows 10へのアップデートを、違法コピー版からも可能にすることを明らかにした。違法コピーから正規版への移行を促進するためとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは今夏に予定している次期OS「Windows 10」の無料アップデートの対象に、現在違法コピー版のWindowsがインストールされているPCも含める。米Reutersが3月18日(現地時間)、同社のOperating System担当上級副社長のテリー・マイヤーソン氏がそう語ったと報じた。

 同社広報担当者は米Venture Beatをはじめとする複数の米メディアに対し、「Windows 10の要件を満たす端末であれば、海賊版Windows搭載端末も含めてアップデートできる。ユーザーは長期的には正規にライセンスされたWindowsの価値に気付くとわれわれは確信しているので、違法コピーユーザーが正規版に移行しやすくする」と説明した。

 Microsoftはこれまで、違法コピーの撲滅に努めてきた。同社は2011年の公式ブログで、特に中国、ブラジル、ロシア、インド(BRICs)では違法コピーによって正規ユーザー企業は年間16億ドル以上の損失を被っていると説明している。

 win7 Windows 7時代の違法コピー対策ページ

 だが、Microsoftの収益に占めるWindowsの割合は減っており、直近の決算ではWindowsとOfficeのライセンスからの収益の割合は前年同期から23%減の16%だった。

 Microsoftは17日付の公式ブログで、中国でのWindowsの普及のためにLenovo、Tencent、Qihu 360、Xiaomiと戦略的提携を結んだことも発表した。

Windows 10のシステム要件はこちらの記事を参照のこと。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -