ニュース
» 2015年03月25日 15時00分 UPDATE

Windows 10の2つのブラウザ、「Spartan」は新エンジンのみ、「IE 11」は旧エンジンのみに

Microsoftが、Windows 10のデフォルトWebブラウザ「Project Spartan」(コードネーム)とIE 11に、それぞれ新旧2種類のレンダリングエンジンを搭載させるという計画を変更し、2つのブラウザの役割をより明確にした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは3月24日(現地時間)、次期OS「Windows 10」に搭載する2つのWebブラウザ、「Interenet Explorer(IE)11」と「Project Spartan」(コードネーム)のレンダリングエンジンについての方針変更を発表した。

 IE 11のレンダリングエンジンは従来通りの「Trident」のみに、Spartanは新レンダリングエンジン「Edge」のみを搭載する。

 1月の発表段階では2つのブラウザに両方のレンダリングエンジンを搭載する計画だったが、Windows Insidersの参加者や顧客などから強いフィードバックがあり、計画を変更したという。

 Windows 10版のIE 11は、レガシーな、特に企業内のレガシーなサイトの利用のためだけに存続し、機能はWindows 8.1版と基本的に変わらない。Spartanは、アノテーション機能やCortanaの統合などの新しい機能の追加や“サービスとしてのWindows”としての役割を担う。この変更で、2つのブラウザの役割分担がより明確になった。

 spartan Windows 10での2つのブラウザの役割
 spartan 1月の段階ではSpartanに2つのエンジンが搭載される予定だった

 Microsoftはまた、SpartanがWindows 10のデフォルトブラウザであることも明記した。

 新レンダリングエンジンのEdgeは、現行のWindows 10のテクニカルプレビュー(ビルド10041)に含まれるIE 11で試すことができるが、次回のアップデート(公開日は不明だが恐らく4月中)でIE 11のEdgeは削除される。

 また、このアップデートでようやくSpartanを使えるようになる見込みだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -