ニュース
» 2015年03月30日 19時41分 UPDATE

協力して物を運ぶ「働きアリ」ロボット開発 未来の工場で活躍?

アリの動きを再現したロボットをドイツの企業が開発した。実際のアリのように、大きな物を複数体で協力しながら運ぶこともできる。

[ITmedia]

 アリの動きを再現したロボットをドイツの企業が開発した。実際のアリのように、大きな物を複数体で協力しながら運ぶこともできるのが特徴だ。欧州メディアは米Amazonの倉庫を例に「未来の工場ではこうしたロボットが働くことになるかもしれない」と報じている。

photo
photo 協力して物を運ぶことができる

 開発したのは工場のオートメーション機器などを開発する独Festo。同社は自然のモデルなどをテクノロジーに応用する取り組みを進めており、アリロボット「BionicANTs」もその一環だ。

 ロボットはアリと同様に6本足で移動し、頭には超小型カメラによる目とはさみ状のアゴを備えている。

photo ハイテクの塊だ

 手のひらサイズで実現したハードウェアの精巧さも驚きだが、最大の特徴は協力動作。それぞれのロボットは自律動作しつつ、「協力せよ」という「明白なルール」に従い、自分のサイズほどの物体を一緒に──あるものは前に、あるものは後ろに進んだりしながら──運ぶことができる。

 同社は生物の協力行動を「複雑な制御アルゴリズム」によってテクノロジーの世界に再現したいう。羽根の動きを再現したチョウなども発表している。

photo チョウも再現

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -