ニュース
» 2015年04月02日 15時09分 UPDATE

2つの太陽が輝く惑星“タトゥイーン”は宇宙にありふれている──米研究者

「スター・ウォーズ」でルークが住んでいた惑星「タトゥイーン」のような2つの太陽を持つ惑星は宇宙にありふれている──らしい。

[ITmedia]

 「スター・ウォーズ」の主人公が住む惑星「タトゥイーン」のような2つの太陽を持つ惑星は宇宙にありふれている──こんな研究を米ユタ大学などの研究者が発表した。どんな夕日が見られるのだろうか。

photo 2つの太陽を巡る惑星ではこんな夕日が見られるのだろうか Ben Bromley, University of Utah

 「2つの太陽」は、2つの恒星が離れずに軌道運動する「2連星」のまわりを巡る惑星の空に輝いている。米航空宇宙局(NASA)の探査機「ケプラー」はこれまで1000以上の惑星を見つけており、2連星のハビタブルゾーン(生命が存在しうる位置)をまわる惑星も7つ発見している。

 だが見つかった2連星の惑星は、全て木星のような巨大ガス惑星とみられ、連星には地球のような岩石でできた惑星はできないのではないかと考えられてきたという。

 ユタ大学のベン・ブロムリー氏とスミソニアン天体物理観測所のスコット・ケニオン氏による「タトゥイーンは簡単にできる」と題した論文は、専門誌「Astrophsical Journal」に掲載された。2人は計算によって、2連星の周囲であっても軌道によって地球型惑星は容易に形成しうることを示している。

 連星の周囲に地球型惑星が見つかっていないのは「巨大なガス惑星に比べ、地球型惑星は小さいから見つかりにくいのだろう」とみている。「タトゥイーンの夕日は珍しくないようだ」という。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -