ニュース
» 2015年04月06日 15時19分 UPDATE

俺も萌えキャラになれるぞ 自分の表情がそのままアバターの表情に iOSアプリ「なりきろいど」

カメラで読み取ったユーザーの表情や動きに応じて画面上の2Dキャラの表情や動きが変わるiOS用交流アプリ「なりきろいど」をヤフーが公開した。

[ITmedia]
画像

 ヤフーは4月6日、カメラで読み取ったユーザーの表情や動きに応じて画面上の2Dキャラのアバターの表情や動きが変わるiOS用交流アプリ「なりきろいど」を公開した。キャラになりきり、ほかのユーザーと音声やテキストでチャットできる。

 SFや漫画などで描かれてきた「表情に合わせて動くアバターで会話する」という未来のコミュニケーション像を形にしたという。

 ユーザーは、アニメ風に描かれた男の子や女の子、動物キャラなどのアバター用パーツを使ってオリジナルの2Dアバターを作成し、ニックネームや興味のある情報などを登録。興味のある情報が一致するほかのユーザーとランダムでマッチングされ、音声やテキストでチャットできる。

 スマートフォンのインカメラでとらえたユーザーの表情や動きに応じて、画面内のアバターの表情や動きが変化。ユーザーが口を開けるとアバターも口を開け、首をかしげるとアバターも首を傾ける――といった調子だ。2DアバターはLive2Dと協業し、アニメの質感を生かしたままの立体的な動きを実現した。

 アバターを使ってしゃべった映像や音声を記録する動画録画機能もあり、動画をWeb上にアップロードしてSNSを使ってシェアすることもでき、「アバターの活躍の場がアプリ外にも広がっていく仕組みを設けている」としている。


画像
画像
画像

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -