ニュース
» 2015年04月07日 08時09分 UPDATE

“Androidの父”アンディ・ルービン氏、ガジェットメーカー支援企業を立ち上げ

“Androidの父”として知られる元Googleのアンディ・ルービン氏が、ガジェット製造を目指す新興企業を支援するインキュベーターPlayground Globalを立ち上げた。同氏はまた、Playground Globalに出資するVC、Redpointのパートナーに就任した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleを昨年10月に退社した“Androidの父”、アンディ・ルービン氏が新会社Playground Globalを立ち上げた。同社が米証券取引委員会(SEC)に提出した4月6日付の文書で明らかになった。

 文書によると、同社はカリフォルニア州ロス・アルトスに拠点を置く投資会社。創業者はルービン氏、元Microsoft幹部(Microsoft TV担当)のピーター・バレット氏、元Googleのマット・ハーシェンソン氏、バレット氏と米WebTVを立ち上げたブルース・リーク氏。4800万ドルを調達した。

 米Wall Street Journalによると、Playground Globalは端末を製造する新興企業を支援するインキュベーターという。

 同社に出資したのは米Google、米Hewlett-Packard(HP)、台湾Hon Hai Precision Industry(鴻海精密工業)、米ベンチャーキャピタルのRedpoint他3社。

 ルービン氏はWall Street Journalのインタビューで「われわれの目的はクリエイターが自由にクリエイトできるようにすることだ。(GoogleやHPなどの)パートナーからの支援を仲介することで、新興企業が直面する多くの障害を排除できる」と語った。

 米ベンチャーキャピタルのRedpointは同日、同氏をパートナーとして迎えたことを発表した。ルービン氏はモバイル、オンラインストア、SaaSなどのジャンルの支援を担当する。

 andy 1 アンディ・ルービン氏(左)とRedpointのパートナー、ジェフ・ブロディ氏

 ルービン氏はAppleやGeneral Magic、WebTV、Microsoftなどを経て1999年にスマートフォン企業Dangerを創業し、2004年にAndroidを立ち上げてGoogleに売却した際Google入りした。2013年にAndroidの責任者の職を退きロボティクス部門の責任者に就任したが、2014年10月に退社した。

 andy 2 Android端末を発表するGoogle時代のルービン氏

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -