ニュース
» 2015年04月07日 15時50分 UPDATE

ローソン店頭で佐川の荷物を受け取り可能に 新会社「SGローソン」設立、“御用聞き”も

ローソンと佐川が提携。ECサイトなどで購入した商品を、ローソン店舗で24時間受け取れるようにするほか、新会社を通じ、ローソン店舗を基点とした配送・御用聞きサービスなどを展開する。

[ITmedia]

 ローソンと佐川急便の親会社・SGホールディングスは4月7日、業務提携したと発表した。佐川急便が取り引きするECサイトなどで購入した商品を、ローソン店舗で24時間受け取れるようにする。また新会社「SGローソン」を設立し、ローソン店舗を基点とした配送・御用聞きサービスなどを展開する。

 7月から全国のローソン約1万1000店舗で、佐川急便の取引先の通販事業者やECサイトから購入した商品を受け取れるようにする。ユーザーは、ECサイトでコンビニ受け取りを指定。サイトから送付された受け取り用バーコードか認証番号を店頭端末「Loppi」に入力し、受け取りレシートを発行してレジで提示すると、店員から荷物を受け取れる。

画像

 共同事業会社「SGローソン」は6月14日に設立予定。資本金1億円で、ローソンが51%、SGホールディングスが49%出資する。

 新会社はまず東京都世田谷区を中心とした約20店舗で新サービス「SGローソン マチの暮らしサポート」の開始を検討する。

 マチの暮らしサポートでは、不在時に宅配された荷物をローソンの店頭で受け取れるサービスや、ローソン商品の宅配、ローソン商品やネット宅配「ローソンフレッシュ」の商品を一緒に届ける御用聞きサービスを展開。2015年度中に都内約100店舗に拡大する計画だ。

 シニア層や主婦層を宅配スタッフとして新たに採用し、人材活用に取り組むことも検討。両社の強みを最大限活用することで、新しいビジネス展開も検討するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -