ニュース
» 2015年04月08日 11時00分 UPDATE

Pinterest、1年で国内アクティブユーザー3倍に 日本市場向け開発チームを新設

世界7000万ユーザーを超えるPinterestの国内アクティブユーザー数が直近1年で3倍に。日本市場に特化した開発チームを設置し、さらなる成長を目指す。

[山崎春奈,ITmedia]

 Pinterestは4月7日、日本でのサービス現状について説明し、直近1年でアクティブユーザー数が3倍に拡大したことを明らかにした。実数は非公開だが、「立ち上げフェーズとしては満足できる結果」。米本社から開発陣を迎えた「ジャンプスタート」チームを発足し、より国内市場にあった開発を進め、さらなる成長を目指す。

photo フードクリエイター樋口正樹さんのPinterest

 Pinterestは、お気に入りの画像をブックマークし、「ボード」と呼ばれるテーマごとにスクラップしていくサービス。行きたい場所、買いたいもの、好きなデザインやファッションなどを自由に集め、新たに出合える“ディスカバリー・エンジン”をうたう。2010年に米国でサービスを開始し、現在、対応言語は30以上、ユーザーは世界7000万人超に成長。80%がモバイル端末からアクセスしている。

 画像を中心としたサービスとして比較されやすいInstagramが「過去を残す、友達とシェアする」ツールだとすると、Pinterestは「未来を考える、自分の学びにする」ツールだと説明する。部屋の模様替え、挑戦したいファッション、次の休暇の予定など、あるプロジェクトや目的のためのインスピレーションを集め、実際のアクションにつなげてほしいという。

「立ち上げフェーズとしては満足」 1年で国内アクティブユーザー3倍に

 日本法人は13年10月に発足し、11月に日本語サービスをスタートした。人気のカテゴリはレディースファッション、アート&デザイン、インテリア、ハンドメイド・DIY――という。

photo H.I.S. Japan」は国別、色別などのテーマごとに旅行気分を盛り上げる写真をピン

 ピンタレスト・ジャパンの定国直樹社長によると、この1年で国内アクティブユーザーは1年間で3倍になっており「立ち上げフェーズとしては十分満足できる結果」。今後は成長フェーズに入ることを見据え、エンドユーザーの開拓はもちろん、企業活用も広げていく。

photo 中目黒の新オフィス。奥がジャンプスタートチーム

 米本社も日本市場の成長に期待を寄せているといい、「ジャンプスタート」チームを東京オフィスに迎える。米本社のエンジニアとデザイナー5人による混合チームが来日し、日本のユーザーに合った新機能の開発やマーケティング、企業とのパートナーシップ、ユーザーコミュニティ作りなどに力を入れる。特定の国にフォーカスして開発するのは同社で初めての試みだという。

 エンジニアリング部長のマイケル・ロップさんは「日本はまだまだ可能性が大きく、世界全体で見ても非常に大事な市場。ジャンプスタートは試験的なプロジェクトではあるが、より近くで直接日本のユーザーの使い方やニーズを知ることで成果を出すことを期待したい」と言う。

 定国直樹社長は「食やファッションなどのジャパンカルチャーが世界のユーザーにとって魅力的なコンテンツであると同時に、好きなものを深く追究する日本人の気質もPinterestに向いていると思う。より広く、適切に魅力を伝えていくことでさらなる成長につなげられたら」と話している。

photo エンジニアリング部長 マイケル・ロップさん(左)とピンタレスト・ジャパン定国直樹社長

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -