ニュース
» 2015年04月14日 08時34分 UPDATE

IBM、「Apple Watch」などのヘルスビッグデータ部門「Watson Health」立ち上げ

IBMが、AppleのHealthKitおよびResearchKit採用アプリがiPhoneやApple Watchユーザーから集めたヘルスケア関連データを「Health Cloud」に保存し「Watson」で解析できるようにするサービス部門「Watson Health」を立ち上げた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米IBMは4月13日(現地時間)、ヘルスケア関連のビッグデータ専門部門「Watson Health」を立ち上げたと発表した。米Appleの「Apple Watch」を含むウェアラブル端末で収集するヘルスケア関連のユーザーデータをクラウドに集め、自然言語ベースのコグニティブ(認知的)技術「Watson」によるビッグデータ解析サービスを開発・提供する。

 ibm 1

 同社はWatson Healthの立ち上げとともに、昨年7月に発表したAppleとの提携の拡大、米医薬品・日用品大手のJohnson & Johnsonおよび米医療技術大手のMedtronicsとの提携、医療企業のExplorysおよびPhytelの買収も発表した。

 ibm 2

 Appleとの提携拡大では、Appleの「HealthKit」と「ResearchKit」を採用するiOSアプリの開発者に対し、アプリが収集するユーザーの健康関連データをセキュアに保存・解析・モデリングするための場として「Health Cloud」を提供する。

 また、IBM自身もAppleのHealthKitを使って企業向けの健康管理アプリを開発し、「MobileFirst for iOS」アプリとして提供する計画。

 HealthKitは、iPhoneおよびApple Watchで収集するヘルスケアデータをサードパーティーアプリで使えるようにするためのツール。ResearchKitは、iPhoneおよびApple Watchのユーザーが医療機関の研究にデータを提供できるようにするオープンソースのソフトウェアフレームワーク。ResearchKitを採用するアプリは米国で既に公開されており、スタンフォード大学の心臓疾患関連の医療研究データを収集する「MyHeart Counts」は公開後1時間で1万本ダウンロードされた。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -