ニュース
» 2015年05月02日 08時45分 UPDATE

Tesla Motors、家庭用大型バッテリー「Powerwall」を発売へ 3000ドルから

電気自動車のTesla Motorsが、化石燃料依存0%を目指す「Tesla Energy」構想の下、太陽光発電システムや電力供給網と接続して使える家庭用大型バッテリー「Powerwall」とさらに大型の企業向けバッテリーを発表した。Powerwallは今夏発売予定で、価格は3000ドルから。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 電気自動車(EV)を開発・販売する米Tesla Motorsは4月30日(現地時間)、家庭で使う電気を充電できる大型バッテリー「Tesla Powerwall」を発表した。価格は3000ドル(約36万円)からで、今夏発売の予定だ。

 tesla 1 壁に取り付けて使う
 tesla 2

 サイズは130×86×18センチで、家の内外の壁に取り付けて使う。太陽光発電システムと電力供給網のいずれとも接続でき、(もちろん)Teslaの電気自動車の充電も可能だ。

 発電電力量が10Kwhで3500ドルのものと7Kwhで3000ドルのものの2モデルある。いずれも太陽光発電システムで作った電力を夜間や天候の悪い時のために充電でき、電力網に接続している場合は夜間など電気代が低い間に充電して電気代が高い間に電力網ではなくPowerwallの電力を使うといった“スマートグリッド”的なことができる。さらに10Kwhモデルであれば、停電時のバックアップとして十分に使えるという。

 現在、イーロン・マスクCEOが取締役を務めるSolarEdgeをはじめとする幾つかの発電企業との提携が決まっており、今後提携先を拡大していく計画。

 Powerwallは、同社のエネルギー構想「Tesla Energy」の構成要素の1つ。Tesla Energyでは、家庭用だけでなく、企業や電力などの公益事業向けに再生可能エネルギーを充電するバッテリーを提供することで、クリーンエネルギーのエコシステムの構築を目指す。

 tesla 3

 マスクCEOはカリフォルニア州ホーソーンで開催した「THE MISSING PIECE(欠けているピース)」と題するプレスイベントで、米国におけるエネルギー問題の深刻さを訴え、太陽光発電とそれを充電するバッテリーが普及すれば化石燃料への依存を解消できると語った。

 tesla 4 Tesla Energyについて説明するイーロン・マスクCEO

 企業向けバッテリー「Tesla Energy for Businesses」では、米Amazon.com傘下のAWSが米国の西リージョン(北カリフォルニア)でTeslaのバッテリーの試験的採用を始めたことを発表した。

 マスク氏のプレゼンテーションはこちらで視聴できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -