ニュース
» 2015年05月08日 17時47分 UPDATE

名大、卒業生の成績を誤ってサイトで公開 07年度261人分

名古屋大学は、2007年度の理学部・大学院理学研究科の学生のべ261人の氏名や受講していた1つの教科の採点結果・成績などが、Webサイト上で閲覧可能な状態になっていたと発表した。

[ITmedia]

 名古屋大学は5月8日、2007年度の理学部・大学院理学研究科の学生のべ261人の氏名や受講していた1つの教科の採点結果・成績などが、Web上で閲覧可能な状態になっていたと発表した。研究室で公開しているWebサイトのフォルダに、個人情報の入ったファイルを誤ってコピーしたことが原因とみている。

 閲覧可能になっていたのは、大学院理学研究科生命理学専攻の研究室で管理するサーバ内に保存していた情報で、261人分の氏名・成績に加え、職員3人の氏名、メールアドレスなど。公開されていた個人情報の不正使用などは確認していないという。

 4月23日、同大情報戦略室が学内のサーバを調査した際に発覚。ただちにサーバをネットワークから切り離し、閲覧できない状態にした。その後、情報漏洩の原因となったサーバ上のフォルダを移動し、ネットワーク上に残っているキャッシュ情報を消去した。

 学生・関係者には、個別に状況報告と謝罪を行っているという。同大は、再発防止に向けた措置に努めるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -