ニュース
» 2015年05月19日 10時22分 UPDATE

Windows 10、違法コピーユーザーには無料ではないが“魅力的なアップグレード”を計画中

Microsoftのテリー・マイヤーソン副社長は3月に、Windows 10への無料アップデートの対象に海賊版も含めると発言したが、これを改め、「非常に魅力的なアップグレード」の機会を提供すると説明した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米MicrosoftのOperating System担当上級副社長、テリー・マイヤーソン氏は3月に、Windows 10への無料アップデートの対象に海賊版(違法コピー版)も含めると発言したが、方針を改めたようだ。同氏は5月15日(現地時間)、公式ブログで海賊版Windowsからのアップデートについて説明した。

 Windows 10は、今夏とされているリリースから1年間は、Windows 7以降の正規ユーザー(企業向けは除く)であれば無料でアップデートできる。

 違法コピーユーザーに対しては、「無料アップグレードは提供しないが、従来通り、正規のWindows 10にアップグレードするチャンスは与える。さらに、幾つかのPCメーカーとの協力により、海賊版Windows搭載PCのユーザーに非常に魅力的なWindows 10へのアップグレードの機会を提供する」とマイヤーソン氏は説明した。具体的な内容については今後説明するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -