ニュース
» 2015年05月20日 07時48分 UPDATE

Apple Watchの初アップデート、充電ケーブルが必要

Apple Watchの初のアップデート「Watch OS 1.0.1」がリリースされた。Siriやスタンドアクティビティの改善、セキュリティ関連、多数の絵文字サポートなどが実施される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは5月19日(現地時間)、Apple Watchの初アップデート「Watch OS 1.0.1」をリリースした。

 watch

 アップデートはApple Watchと接続しているiPhone経由でダウンロードする。

 アップデートするには、Apple Watchが少なくとも50%充電されていて、さらに充電ケーブルに接続しておく必要がある。アップデートには正確な分数は測っていないが、かなり時間がかかった。

 今回のアップデートではセキュリティ関連(別記事を参照されたい)の他、Siri、スタンドアクティビティの測定などの改善や300以上の絵文字のサポート、サードパーティーアプリの改善などが実施された(新機能は上の画像の通り)。

 スタンドアクティビティはこれまで、1時間の枠内で1度立つというカウント方法なので、例えば55分目に1度立っても次の1時間枠の1分目に立つよう促されていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -