ニュース
» 2015年05月20日 12時17分 UPDATE

Appleのティム・クックCEO、「訪中の目的の1つはApple Payの中国での立ち上げ」

Appleのティム・クックCEOが先週訪中し、北京オフィスで従業員に対してApple Payの中国での提携先と交渉中であると語ったと9TO5Macが報じた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleのティム・クックCEOは5月11日からの中国滞在中に訪れた中国オフィスで、訪中の目的の1つはモバイル決済サービス「Apple Pay」の中国での立ち上げだと語った──。米9TO5Macが5月19日(現地時間)、複数の情報筋の話としてそう報じた。

 クックCEOは訪中に際して中国の人気SNS、Weiboに自身のアカウントを開設し、中国での環境保護の取り組みの発表のために訪中したと投稿した。

 cook 1 ティム・クック氏のWeibo

 9TO5Macによると、クック氏はApple Storeの複数の従業員とのミーティングでApple Payの中国での立ち上げについての質問に対し、今回の訪中にインターネットソフトウェア&サービス担当上級副社長のエディ・キュー氏を伴ったのは、中国におけるApple Payの提携先候補と交渉するためで、すぐに立ち上げられることを望んでいると語ったという。

 cook 2 北京のApple Storeで従業員と談笑するクック氏

 Apple Payは現在、米国でのみ利用できる。

 日本では19日、Apple Payのプラットフォームに採用された米Stripeが日本でのサービス開始を発表した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -