ニュース
» 2015年05月25日 18時25分 UPDATE

メタップスと博報堂、アプリマーケティング分野で協業 テレビCMの効果測定ツール開発

テレビCMとアプリダウンロード数などの相関関係を測定する開発者向けツールをメタップスと博報堂が共同開発した。

[ITmedia]

 メタップスと博報堂は5月25日、アプリマーケティング分野で協業し、テレビCMの効果を測定する開発者向けデータ解析ツール「Vision-Graphics for Apps powered by Metaps」を共同開発し、今夏から提供すると発表した。テレビCMとアプリのダウンロード数、ユーザーアクティビティの相関などをリアルタイムに追跡できる。

photo metaps Analytics dashboard

 博報堂DYグループの「Vision-Graphics」と、メタップスの「Metaps Analytics」の機能をかけあわせたツール。ダウンロードの流入経路としてのテレビCMの広告効果を可視化し、集客やコンバージョンの管理・分析ができる。テレビCMとWebプロモーション、アプリ広告を組み合わせた統合的なアプリ集客ソリューションを提供する狙いだ。

 両社は今後も中長期的に協業し、人工知能による予測モデルの研究開発などに取り組む。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -