ニュース
2015年05月28日 19時10分 UPDATE

ひまわり8号、7月7日に正式運用スタート

気象衛星「ひまわり8号」の正式運用は7月7日午前11時にスタート。

[ITmedia]

 気象庁は、気象衛星「ひまわり8号」の正式運用を7月7日午前11時(JST)に開始することを決めた。

 7号の後継機として昨年10月に打ち上げられた。観測バンドが拡大し、疑似カラー画像の合成も可能になっているほか、水平分解能は倍増(可視で1キロ・赤外4キロ→可視で0.5〜1キロ・赤外2キロ)するなど、観測能力も大きく向上している。

photo 7号で撮影した地球(左)は可視光が1バンドだけだったので白黒だが、8号では疑似カラーに

 衛星の姿勢に関する情報を収集する装置の一部(予備系)に動作不良が確認されたが、運用には影響がないとして正式運用の開始を決めた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -