ニュース
2015年05月29日 12時27分 UPDATE

レビュー記事を個人ブログの収益源に 企業とブロガーをマッチング「レビューズ」 ステマ撲滅掲げる

企業がブロガーに記事広告執筆を依頼できるマッチングサービス「レビューズ」が始動した。

[山崎春奈,ITmedia]

 アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)は5月28日、企業がブロガーにレビュー記事執筆の打診ができるマッチングサービス「レビューズ」を開始した。ブロガーの収益機会を生むとともに、記事中に企業との関係性の明記を徹底することで“ステマ”追放にも力を入れる。

photo レビューズ

 個人による情報発信や口コミの元として、ブログやソーシャルメディアの存在感は増す一方、企業が個人ブロガーとコンタクトを取りたい場合、個別にアプローチするしかないという問題があった。仕事を受ける側が慣れていないことも多く、受注や請求の方法、クレジット記載などでトラブルになることもある。

photo 公認ブロガー一覧。得意ジャンルで絞り込める

 「レビューズ」は、レビューの執筆能力や影響力を審査し、「公認ブロガー」として認定したブロガーの一覧を掲載する。企業側は「ガジェット」「Webサービス・アプリ」「グルメ」など得意ジャンルやプロフィールから検討し、指名して記事広告形式のレビュー記事執筆をオファーすることができる。モニターやサンプリング、記者会見への出席など、希望者を募る形のオープンオファーも可能だ。

 受注や請求はサービスを介して行うので、ブロガー側も個人情報を知らせたり、請求書を作成したりする手間なく受けられる。企業と直接つながるチャットで質問・相談し、スピーディに情報共有できる。

photo 請求書は月末にまとめて自動生成

 ステマ(ステルスマーケティング)の追放と関係性の明示にも力を入れる。公認ブロガーには案件を受ける際のルールを徹底して周知するとともに、記事内への明記やブログへのバナー掲載を必須とし、「ステマ、ダメ、ゼッタイ」を掲げる。

 記事広告の価格は5万円から。報酬の70%がブロガーに還元される。数十万規模の予算で実施できるため、地方企業や中小企業など、これまでWebプロモーションになかなか手を付けられなかった企業にもアプローチしていきたいという。

 開発には多くのブロガーの意見を取り入れた。当初は記事広告のマッチングのみを考えていたが「無料でもモニターやサンプリングの機会があればぜひ利用したい」「記者会見の案内があれば考えたい」など、企業とのつながりを広くブログ運営に活かしたいという意見が多くあったことで、報酬なしのオープンオファープランも追加したという。

 公認ブロガーは現在100人超。今後は「エントリーブロガー」として情報提供のみを行うブロガーを募集し、活動を鑑みて案件を受けられる「公認」に昇格する仕組みとなる予定だ。数を増やすことは大きな目的とせず、ゆるやかに拡大するつもりという。

SmartNewsと提携 「商業メディアと個人の垣根を超えて」

 合わせて、公認ブロガーコミュニティーのメディア価値向上にも取り組む。第1弾として、ニュースアプリ「SmartNews」への登録ブログの記事配信を近日開始する。6〜7月に新たに開設予定の「オピニオン」チャンネルに提供される。

 スマートニュースでメディア事業開発を手がける漆原正貴さんは、開設されたばかりの「読書チャンネル」に出版社によるコンテンツと書評サイトやブログが混在していることを例に上げ、「商業メディアと個人メディアの垣根を超えて、ユーザーが求める情報が適切に届く世界を目指したい」と今回の取り組みの意図について説明する。

photo 徳力基彦取締役

 AMNの徳力基彦取締役は「これまでもブロガーのみなさんの収益化について取り組んできたが、正直あまり成果が出ない施策も多かった。『レビューズ』はこれまでのリベンジ、そして背水の陣という意識。みなさんの収入につなげたいのはもちろんだが、それ以上にブロガーならではの楽しい機会、貴重な経験を得るチャンスになれば」と展望を話している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -