ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2015年06月01日 11時52分 UPDATE

鳥取砂丘「光のタワー」計画中止、“光害”配慮で 県外から反対意見多数 県内からは賛成も

上空7000メートルを照らすという鳥取砂丘の“光のタワー”に「光害」を心配する批判が集まり、計画が中止に。反対意見は県外から届いており、県内からは賛成意見が多かったという。

[ITmedia]

 鳥取市内の美術館で10月末から開かれるイベント「鳥取砂丘光のアートフェア2015」で計画されていた、上空7000メートルを照らすという“光のタワー”に「光害」を心配する反対意見が集まり、市はこのほど、計画の中止を発表した。市にはメールや電話などで52件の意見が集まり、うち9割が反対意見だったが、反対の声は県外から届いており、賛成意見はほぼ県内からだったという。

画像 イベントのイメージ画像。左が「星空のツリー」のイメージ(砂の美術館のニュースリリースより)

 鳥取砂丘光のアートフェア2015は、「鳥取砂丘砂の美術館」で10月31日〜1月3日に開催される、「光のアート」をコンセプトとしたイベント。上空7000メートルを照らす19台の高出力サーチライトで光のタワーを作る「星空のツリー」などを含む提案が公募で選ばれたが、光害を抑える活動に取り組んでいるNPO・国際ダークスカイ協会東京支部が21日、生態系や天体観測への影響などについて懸念を表明したことを発端に、計画への反対意見があがっていた。

 市の担当者によると、29日までにメールや電話、直接訪問で市に寄せられた意見は52件。うち反対が46件、賛成が5件、賛否不明が1件だった。反対意見は県外から届いており、賛成意見はほぼ県内からだったという。


画像画像 光のタワーの代わりに展開するイルミネーションのイメージ

 企画を提案した企業体から25日、市に対して、「反対意見が寄せられていることや、生態系や環境、天文観測環境などへの配慮を総合的に考えて提案の一部を変更したい」との申し入れがあった。新たな提案は、光のタワーをとりやめ、代わりに鳥取の海をイメージしたイルミネーション「青きジオの世界」に変更するという内容で、28日に改めて審査委員会を開いて了承された。

 ライトアップによる光害をめぐっては、富士山を遠隔照明システムで照らそうというベンチャー企業のプロジェクトが、反対の声を受けて中止になった例がある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.