ニュース
2015年06月01日 16時03分 UPDATE

サンリオ株主などの個人情報流出、会員サービス運営会社の社内から漏えい 不正アクセスの形跡なし

上場企業株主向けの会員制サービス「株主ポイント倶楽部」の運営企業から、会員の個人情報が流出。外部から不正アクセスではなく社内から漏えいしたという。

[ITmedia]

 上場企業株主向けの会員制サービス「株主ポイント倶楽部」やメルマガサービス「株主倶楽部」などを運営するインベスター・ネットワークスは、両サービスからの個人情報流出に関する調査結果を発表した。外部から不正アクセスで情報を抜き取られた形跡はなく、社内からの漏えいと判断したという。

 漏えいした可能性があるのは、「株主ポイント倶楽部」「株主倶楽部」に登録された各社の株主の氏名、住所、性別、生年月日、電話番号、メールアドレス計1万2014件で、サンリオ、アルデプロ、トランスコスモス、ゴルフダイジェスト・オンライン、ロート製薬の株主の情報が含まれていた。

 調査を委託した専門企業によるサーバログ解析によると、外部からの不正アクセスでデータが抜き取られた形跡はなかったという。あわせて社内システムの調査も行い、社内からデータが漏えいしたと判断。調査結果の詳細は「警察捜査による情報開示制限がある」として明らかにしていない。

 同社は、流出した名簿を元に、迷惑メール送信や営業電話などを行っていると思われる業者9社に対して、名簿を利用した活動を中止するよう要請する内容証明郵便などを、弁護士事務所から送付。社員に対する情報管理教育や、オフィスエリアへの監視カメラ導入、システムのセキュリティ強化などを行って再発防止に努めるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -