ニュース
2015年06月02日 07時03分 UPDATE

Microsoft、「Windows 10」のシステム要件や“アップグレード先”を発表

Microsoftが「Windows 10」の7月29日の無償アップグレード開始に向けて、エディション別のアップグレード先やアップグレードで削除されるアプリなどについての説明ページを開設した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは6月1日(現地時間)、次期OS「Windows 10」の無償アップグレードのシステム要件やエディション別のアップグレード先についての説明ページをサポートサイトに開設した。

 Microsoftは同日、無償アップグレードを7月29日に実施することも発表した。OEM版無償アップグレードの対象外であるエンタープライズエディションの発売日については、まだ発表されていない。

 同社は3月に最低限のシステム要件を発表したが、今回はより具体的になっている。記載事項はプレリリースバージョンに関するもので、変更する可能性はあるという断り書きがある。

エディション別アップグレード先

 エディション別のアップグレード先は以下の通り。Windows 7の場合はProfessional以上が、Windows 8.1の場合はPro以上が、Windows 10 Proにアップグレードする。なお、無償アップグレードするにはWindows 7、8ともに最新版にしておく必要がある。エディションが分からない場合はこちらで確認できる。

 windows 10 1 エディション別のアップグレード

 既報の通り、Windows 7 Enterprise、Windows 8/8.1 Enterprise、Windows RT/RT 8.1の各エディションはこの無償アップグレードの対象外だ。

システム要件

 システム要件は基本的に3月の発表と変わらないが、ディスプレイの解像度が800×600以上となっていたものが1024×600に変わった。(Insider Programのシステム要件とは変わらず。)

プロセッサ 1GHz以上のプロセッサまたはSoC
メモリ 32ビットは1Gバイト、64ビットは2Gバイト
HDDの空き領域 32ビットは16Gバイト、64ビットは20Gバイト
グラフィックスカード DirexX 9以上(WDDM 1.0ドライバ)
画面解像度 1024×600

アプリや機能についての注意事項

 ウイルス対策アプリは、アップグレードの際に設定のみ残して一旦アンインストールされ、アップグレード後に最新版がインストールされ、従来の設定が適用される。有効期限が切れている場合は、Windows Defenderが有効になる。

 PCにプリインストールされていたアプリの中には削除されるものもある。Windows 7のソリティアなどのゲームは削除される(Windows 10版がインストールされる見込み)。互換性に問題のあるアプリについては、「Windows 10を入手」アプリがその一覧を表示し、それらのアプリの削除を承認するとアプリを削除し、アップグレードを実行する。

 Windows Media Centerは削除され、DVD視聴のためには別途DVDのためには再生アプリが必要になる。

 Windows 7のデスクトップガジェットは削除される。

 その他の注意事項については、Microsoftのサポートページを参照されたい。

 アップグレード可能なWindowsを使っている場合、タスクバーの通知領域に白いWindowsアイコンが表示され、これをクリックすると表示されるウィンドウでアップグレードの予約ができる。

 windows 10 2

 予約しても7月29日にいきなりアップグレードが始まるわけではなく、アップグレードのスケジュールを設定できる。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -