ニュース
2015年06月04日 09時40分 UPDATE

AppleのクックCEO、「ユーザーの情報をマネタイズするのは間違っている」

プライバシー擁護団体EPICの「Champions of Freedom Awards」を受賞したAppleのティム・クックCEOがその祝賀イベントで、広告ベースの企業を「ユーザーをなだめすかして個人情報を奪い、それでビジネスしている」とかなり激しい言葉で非難した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleのティム・クックCEOは6月1日(現地時間)、プライバシー擁護団体Electronic Privacy Information Center(EPIC)がワシントンで開催したイベントにビデオ出演し、プライバシーやセキュリティについて語った。

 このイベントは、EPICが5月に発表した「EPIC Champions of Freedom Awards」の受賞者の祝賀会。クック氏は私企業のCEOとして初めてこのアワードを受賞した。

 米TechCrunchによると、クック氏はこのスピーチで社名こそ出さなかったものの、最近(条件付きで)写真データを無制限にアップロードできるサービス「Photos」を立ち上げた米Googleを激しく非難した。

 「私は今、シリコンバレーからスピーチしています。ここでは最も成功した著名企業の何社かが、顧客をなだめすかして個人情報について油断させることでビジネスを成立させています。彼らはユーザーについて分かることをすべて貪欲に吸収し、それを利用して収益を得ようとしています。Appleはそれは間違っていると考えます。われわれはそんな企業にはなりたくありません」(クック氏)

 さらに、「ユーザーは、いわゆる“無料サービス”を好みますが、メールや検索履歴、そして今度は家族の写真が利用され、広告目的で売り飛ばされるという代償に値するとは思いません」と、明らかにGoogleのサービスについて語った。

 同氏は昨年9月、「iOS 8」のリリースに合わせて、公式サイトでプライバシーに関する取り組みについての公開書簡を発表している。この中でも同氏は、「私たちは、広告主に売るために、あなたのEメールの内容やネットサーフィンの習慣からプロフィールを作り上げることはしません。あなたのiPhoneやiCloudに保存されている情報を「換金」したりしないのです」とAppleの収益源が広告ではないことを強調した。

 apple 昨年公式サイトで公開されたクック氏のメッセージ

 一方のGoogleは同日、ユーザーが自分のプライバシーやセキュリティを一元管理するためのツール「My Account(日本では「アカウント情報」)」を立ち上げている。

 また、privacy.google.comというサイトで、「われわれはあなたの個人情報をプライベートかつ安全に保ち、あなたがコントロールできるようにしています」と主張している。このサイトでは、Googleがどのようなデータを収集しているのか、収集したデータをどのように利用しているのかを詳しく説明している。

 google Googleのプライバシーに関する説明サイトの一部

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -