ニュース
2015年06月04日 12時20分 UPDATE

着られなくなった子ども服をユーザー同士で交換できるWebサービス「mycle」スタート

サイズの合わなくなった子ども服を箱単位で交換できるWebサービス「mycle」がスタートした。

[ITmedia]

 サイズの合わなくなった子ども服を箱単位で送り、欲しいサイズのものと交換できるWebサービス「mycle」をVONOVOがスタートした。寺田倉庫が運営するクラウド収納サービス「minikura」の仕組みを活用する。

photo 「mycle」トップページ
photo 箱の中身は1点ずつ写真で確認

 着られなくなった子ども服を5着以上まとめて送ると「子ども服交換チケット」がもらえ、Webサイト上で他のユーザーから寄せられた衣類が7〜13点入った「子ども服の箱」と交換できる。男女別、サイズ別で分けられており、箱の中身も1点ずつ写真を掲載する。

 箱の取り出しには送料として別途800円(税込)が必要。チケットとの交換だけでなく、箱単位で購入することもできる。衣類に返却の必要はないが、子どもの成長に合わせて再出品も可能だ。

 衣類を送るとチケットが付与されるのは月額1200円(税込)の有料会員のみで、無料会員の場合は送った衣類に応じてポイントがたまり、チケットと引き換える仕組み。有料会員は衣類を提供しなくても、月に1枚無料でチケットを利用できる。

 寺田倉庫の個人向け収納サービス「minikura」のシステムを利用しており、ユーザーが衣類を送る際はサイズごとにまとめて紙袋やダンボールに入れ、集荷(送料無料)を頼むだけで済む。到着後、倉庫スタッフが検品、撮影し、Webサイト上に1品ずつ写真が掲載される。

 昨年11月に実施した「minikura」を活用したビジネスプランコンテスト「minikura presents 日本アカルミー賞2014」のグランプリ案を事業化した。同社はこれまでも、フィギュアコレクター向け「魂ガレージ」、アニメグッズ保管「アニメイトコレクション」など、他社との共同事業を積極的に展開している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -