ニュース
2015年06月09日 10時57分 UPDATE

Beats MusicはApple Musicに統合 「Beats 1」ラジオに名を残す

Appleが昨年8月に買収したBeats Electronicsの音楽ストリーミングサービス「Beats Music」は新音楽サービス「Apple Music」に統合され、Beatsのブランドは「Beats 1」として残る。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Apple傘下のBeats Electronicsは6月8日(現地時間)、音楽ストリーミングサービス「Beats Music」のユーザーに対し、今秋Appleが開始する音楽サービス「Apple Music」への移行について説明した。

 beats 1

 Beats Electronicsは昨年8月にAppleに買収された後もBeats Musicを提供してきたが、今秋にApple Musicに統合される。

 Beats MusicのFAQによると、Apple Musicのスタート時に、現在のユーザーのアカウントに移行を促す通知が表示され、プレイリストやライブラリをそのまま移行できるという。

 Beats Musicの機能はそのまま、iTunesカタログの音楽を再生する機能が追加される。

 Beats MusicにはAndroidアプリもあり、これもApple Musicで踏襲される。

 Beatsのブランドは、Apple Musicのサービスの1つであるラジオ「Beats 1」に残る。

 beats 2 Beats 1のロゴ

 Beats 1は、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドンの3人のDJが音楽と音楽カルチャーを届けるライブラジオサービス。アーティストの独占インタビューなどのコーナーもある。世界100カ国以上で聴けるとあるので、日本でApple Musicの提供が開始されれば日本からも聴けそうだ。

 WWDCの基調講演では、Apple Musicの紹介をBeats Electonicsの共同創業者、ジミー・アイヴォン氏が行った。ドクター・ドレは登壇しなかったが、ドクター・ドレと親しいラッパーのドレイクがBeats 1を紹介した。

 Beats 1を紹介する公式動画のサウンドトラックはドクター・ドレと親しいアーティスト、ファレル・ウィリアムズによるものだ。

 なお、ヘッドフォンなどのハードウェアのBeatsブランドはそのまま残るようだ(少なくとも現在特に告知はない)。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -