ニュース
2015年06月12日 08時26分 UPDATE

製品版「Oculus Rift」はXbox Oneのゲームプレイが可能

Oculus VRが来年1〜3月期に発売する予定の製品版「Oculus Rift」にはMicrosoftのXbox Oneの無線コントローラーが付属し、Windows 10経由でXbox Oneのゲームをストリーミングプレイできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftと米Facebook傘下のOculus VRは6月11日(現地時間)、製品版仮想現実(VR)HMD「Oculus Rift」に関する提携を発表した。

 Oculus VRは同日、サンフランシスコで開催したイベントで、2016年第1四半期に発売予定の製品版Oculus Riftを初披露した(別記事)。

 イベントでは、新RiftにMicrosoftが9日に発表したXbox Oneの新しい無線コントローラーが1個同梱されることも発表され、会場からは拍手が沸いた。

 controller 1 製品版RiftにXbox Oneのコントローラーが同梱されると発表するOculus VRのブレンダン・イリーブCEO

 Microsoftの公式ブログによると、コントローラーだけでなく、コントローラーをWindows 10搭載端末と無線接続するアダプター(今秋発売予定)も同梱されるという。

 これにより、「Riftを箱から出したらすぐに、Xbox Oneのコントローラーでゲームをプレイできる」という。

 controller

 Xbox Oneの所有者は、Riftで「Halo」や「Forza」などXbox Oneのゲームをストリーミングでプレイできる。Xbox Live経由で他のゲーマーとマルチプレイすることも可能だ。

 RiftはWindows 10と“ネイティブに”稼働するので、簡単に設定でき、素晴らしいVRゲーム体験が可能だとしている。

 Microsoftは1月のイベントで、次期OS「Windows 10」ではXboxのオンラインゲームをPCでプレイするための「Xbod App」を利用でき、また、Xbox OneのゲームをWindows 10搭載端末でストリーミングプレイできるようになると発表している。

 MicrosoftはWindows 10搭載の複合現実(MR)HMDの「HoloLens」を年内に発売する予定だ。HoloLensもXbox One向けのゲームのストリーミングプレイに対応する。

 同社は、「Oculus RiftのVRは、MicrosoftのHoloLensが提供するMRを完全に補完するものだ」と説明する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -