ニュース
2015年06月15日 16時52分 UPDATE

彗星着陸機「フィラエ」、7カ月の休眠から目覚める

史上初の彗星着陸を果たした着陸機「フィラエ」がバッテリー切れによる休眠状態から復帰した。

[ITmedia]

 欧州宇宙機関(ESA)は6月14日(現地時間)、昨年11月に史上初の彗星着陸を果たした着陸機「フィラエ」がバッテリー切れによる休眠状態(ハイバネーション)から復帰したと発表した。

photo 着陸するフィラエのイメージ

 ドイツ・ダルムシュタットのESA管制センターが、フィラエから探査機「ロゼッタ」経由で85秒にわたって送信された300以上のデータパケットを受信した。摂氏マイナス35度で24ワットの出力を確認し、ESAの担当者は「フィラエは準備ができている」とコメントしている。フィラエはまだ8000超のデータパケットをメモリに保存したままだという。

photo フィラエが着陸したチュリモフ・ゲラシメンコ彗星 ESA/Rosetta/MPS for OSIRIS Team MPS/UPD/LAM/IAA/SSO/INTA/UPM/DASP/IDA

 フィラエは探査機「ロゼッタ」から分離し、昨年11月12日にチュリモフ・ゲラシメンコ彗星に着陸。着陸地が計画よりずれた結果、太陽光が十分に当たらず、十分な充電ができなかったため観測機器をシャットダウンしていた。その後、同彗星が太陽に近づいたことで十分な出力が確保できるようになったようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -