ニュース
2015年06月23日 12時41分 UPDATE

Microsoft、Windows 10正規版についての混乱を謝罪・説明

Microsoftが先週末に投稿したWindows 10 Insider PreviewプログラムからのWindows 10正規版へのアップグレードについての説明が大きな混乱を招いたとして謝罪し、「Windows 10正規版にアップグレードできるのはWindows 7/8.1正規版からのみ」と改めて説明した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftのガブリエル・オウル氏は6月22日(現地時間)、19日に書いた公式ブログが大きな混乱を招いたことを謝罪し、ブログを更新した。

 結論から言えば、正規版Windows 10にアップグレードできるのは、正規版Windows 7/8.1のユーザーのみで、それ以外で正規版Windows 10にアップグレードしたければ新たなライセンスを購入する必要がある。

 ただし、正規版リリース後もInsider Previewプログラムは続くので、プログラムからオプトアウトしなければ、今後もWindows 10の新しいプレビュー版を使い続けることができるということだ。正規版より安定していないかもしれないが、プレビュー版とはいえ合法的にWindows 10を使い続けられる。

 混乱を招いた経緯は以下の通り。

 オウル氏は当初、Windows 10 Insider Previewプログラム参加者に向けた19日のブログで「ISOファイルからクリーンインストールしたプレビュー版の場合はどうなるのかという質問を多数受け取ったが、(ISOファイルからかどうかにかかわりなく)プレビュー版をインストールしていて、かつ、プレビュープログラムへの登録時に使ったMicrosoftアカウントと関連付けてあるPCであれば、正式版Windows 10に無償でアップグレードできる」と書いた。

 だが後から「無償アップグレードとしてWindows 10にアップグレードできるのは正式版のWindows 7あるいはWindows 8.1を稼働させている人だけであることに注意する必要がある」という1行を追加。

 さらにその後、「Insider Previewビルドを、登録したMSA(Microsoftアカウント)と接続して稼働させている限り、Windows 10の最終ビルド(正規版)を受け取り、ライセンス認証(activated)されます」という1文から「activated」を削除した。

 そして、週明けの22日正午にブログを全面的に書き換えた(上記2カ所の修正履歴はないが、修正後のオリジナルは残している)。

 オウル氏はまず、「7月29日に(Windows 7/8.1から)アップグレードしようが、Windows Insider Programのプレビュー版からアップグレードしようが、Windows 10は正規版のWindowsを搭載した端末にインストールされるようになっている」とし、正規版のWindows 7/8.1以外の端末(VM)からは正規版にアップグレードできないことを間接的に説明した。

 新たな説明では、「もしあなたのシステムが正規版のWindows 7/8.1からアップグレードされたものであれば、(7月29日に正規版アップグレードにオプトインすれば)システムはライセンス承認されたままだが、そうでなければ以前のOSのバージョンにロールバックするか、新しいWindows 10のライセンスを購入することが必要になる」となっている。

 本稿筆者も注釈付きにはしたものの、こちらの記事で「例えばWindows XPマシンや仮想マシンにISOファイルからWindows 10のプレビュー版をインストールすることで、Windows 10の正式版にアップグレードすることも可能なはずだ」と書いてしまったことを読者に謝罪します。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -