ニュース
2015年06月25日 16時25分 UPDATE

無接点充電「Qi」の仕様更新で高速充電実現へ 送電出力を5→15ワットに

Samsung ElectronicsのGALAXYシリーズなどが採用する無線充電規格「Qi(チー)」の仕様をバージョン1.2.0に更新し、送電出力を5ワットから15ワットに引き上げた。これにより、スマートフォンやタブレットの充電時間を大幅に短縮でき、30分で60%の充電が実現できるとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 無線給電技術に関する業界団体Wireless Power Consortium(WPC)は6月23日(現地時間)、無接点充電規格「Qi(チー)」の仕様をバージョン1.2.0に更新し、送電出力を従来の5ワットから15ワットに引き上げたと発表した。

 qi Qi対応無線充電器(Samsung Electronics)

 これにより、Qiに対応するスマートフォンやタブレットの無接点充電に要する時間が大幅に短縮でき、高速充電が可能になるという。

 現在、ケーブル経由での充電であれば、30分で60%の充電を実現しているメーカーもある(Qualcommの「Quick Charge 2.0」のこと)が、Qiの最新仕様では無線で同じ性能を実現できるとしている。

 この新仕様は後方互換性を保っているため、既存のレシーバーを新しいトランスミッターで利用できる。

 最新の仕様書はこちらからダウンロードできる(登録が必要)。

 qi 2 新仕様が発表されたWPC 1503でのデモ風景

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -