ニュース
2015年07月01日 09時04分 UPDATE

Mac/Windows版「iTunes 12.2」公開で「Apple Music」がデスクトップでも利用可能に

「iOS 8.4」に続けて「OS X Yosemite 10.10.4」もリリースされ、「iTunes 12.2」でMacでも「Apple Music」が利用できるようになった。【UPDATE】Windows版「iTunes 12.2」もリリースされた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは6月30日(現地時間)、iOSの8.4へのアップデートに続けて、MacのOSを「OS X Yosemite 10.10.4」にアップデートした。このアップデートには「iTunes 12.2」が含まれており、この最新版iTunesで「Apple Music」が利用できるようになる。

 mac iTunes 12.2がリリースされた

 その数時間後に、Windows版「iTunes 12.2」もリリースされた。

 Apple Musicは定額制音楽ストリーミングの新サービス。米国時間の6月30日に日本を含む100以上の国でサービスを開始した。日本での料金は個人向けが月額980円、6人までの共有が可能なファミリー向けは月額1480円。最初の3カ月はトライアル期間として無料で利用できる。

 Mac/Windows版iTunes 12.2では、画面上部のこれまで「マイミュージック」「プレイリスト」「Match」「iTunes Store」が並んでいた部分に、「For You」「New」「Radio」「Connect」が追加され、「Match」が消えた(iOS版で既にApple Musicにサインインし、iTunes Matchを利用していないユーザーの場合)。これらをクリックすることで、シームレスにApple Musicの各サービスを利用できる。

 mac 2

 なお、Apple IDでiTunesにサインインすれば、Apple Musicに加入しなくてもBeats 1とConnectを利用することはできる(Beats 1で曲のスキップができないなどの制限はある)。

変更履歴:記事掲載後にWindows版もリリースされたので、記事内容を更新しました。[2015/7/11 15:00]



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -