ニュース
2015年07月02日 12時36分 UPDATE

Mac/iOS版GarageBandからApple Musicへの投稿が可能に(アーティスト向け)

音楽アプリの「GarageBand」がアップデートされ、Apple Musicのアーティストアカウントを持つユーザーはGarageBandで作った楽曲をApple Music Connectのプロフィールに直接投稿できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは6月30日(現地時間)、iOSおよびMac向け音楽アプリ「GarageBand」をそれぞれアップデートした。Mac版(バージョン10.1)とiOS版(バージョン2.0.7)をアプリストアからダウンロードできる。価格はそれぞれ600円。

 このアップデートで、同日スタートした音楽サービス「Apple Music」の「Connect」のアカウントを持つアーティストがGarageBandで製作した楽曲をConnectに投稿できるようになった。

 GarageBandの説明ページには「Apple Music Connectを使って、あなたのリミックス、デモ、自然にインスピレーションが湧いた瞬間のサウンドを、GarageBandから直接ファンと共有できるようになりました」とある。

 connect 1 iOS版GarageBandの説明。Mac版にも同じ説明がある

 GarageBandには既にSoundCloudやFacebookなどで作曲した作品を共有する機能があった。Connectに作品を投稿するには、Connectのアカウント(Apple Musicアーティストアカウント)が必要だ。

 connect 2 Apple Musicアーティストアカウント開設ページ

 Connectは、アーティストとファンの交流の場。Connectのアカウントを持つアーティストはプロフィールページでメッセージや音楽、動画を投稿し、ファンはそれにコメントを付けることができる。

 connect 3 アーティストのプロフィールページ(エミネム)。アーティストは写真や動画、音楽を投稿できる

 Mac版GarageBandにはこの他、感圧タッチトラックパッドのサポートや新しいドラマーやシンセパッチの追加などの新機能が追加された。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -