ニュース
2015年07月03日 14時08分 UPDATE

「Windows 10」の新ブラウザ「Microsoft Edge」はSilverlightをサポートせず

Microsoftが、「Windows 10」の標準ブラウザである「Microsoft Edge」ではSilverlightをサポートしないと発表した。当面併存するInternet Explorer 11ではサポートする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは7月2日(現地時間)、次期OS「Windows 10」の標準Webブラウザである「Microsoft Edge」は同社のメディア再生プラグイン「Silverlight」をサポートしないと発表した。

 edge プレビュー版のMicrosoft EdgeでSilverlight利用ページを開いたところ

 同社は5月、「ActiveX」や「VML(Vector Markup Language)」「BHO(Browser Helper Objects)」「VBScript」などの古い技術は脆弱性の原因になるため、サポートしないと発表したが、その段階ではSilverlightについては触れていなかった。

 Microsoftは、米GoogleのChromeなどと同様に、プロプライエタリなプラグインを捨て、HTML5ベースに移行すると説明する。

 Silverlightのサポート自体は継続し、Windows 10に搭載されるInternet Explorer 11では利用できる。

 Microsoftは2007年、米Adobe Systemsの「Flash」に対抗するプラグインとしてSilverlightを発表した。最新版は2011年12月にリリースのSilverlight 5だ。

 silverlight Silverlightのページ

 同社は、まだメディアにSilverlightを使っている企業に対し、DASH/MSE/CENC/EMEベースの設計に移行するよう勧めている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -