ニュース
2015年07月08日 17時11分 UPDATE

クジラとドーナツ──冥王星の最新地図、NASAが公開 Google Earth用データも

探査機「ニューホライズンズ」の観測データに基づいた冥王星の最新地図をNASAが公開。研究者が「クジラ」や「ドーナツ」と呼んでいる明暗の模様が分かる。

[ITmedia]

 探査機「ニューホライズンズ」の観測データに基づいた冥王星の最新地図を米航空宇宙局(NASA)が7月8日、公開した。研究者が「クジラ」や「ドーナツ」と呼んでいる明暗の模様が分かる。

photo 冥王星の地図 NASA-JHUAPL-SWRI

 ニューホライズンズは冥王星の北極を見下ろす格好で接近しているため、地図は北半球はカバーしているが、南半球は低緯度帯の一部のみとなっている。

 冥王星の直径は2300キロ程度で、地球の月(約3500キロ)より小さい。地図の左の黒い部分は「クジラ」と呼んでおり、その右には凍ったメタンなどが含まれる可能性がある明るい部分がある。地図の右にはドーナツ状の模様も確認できる。研究者は「これらの明暗が何であるか判明にするにはまだ早い」という。ニューホライズンズは7月14日に冥王星に最接近して詳細な観測を行う。

 地図をGoogle Earth用データ(KMZ形式)にしたファイルも公開した。Google Earthで開けば冥王星をぐるりと楽しめる。

photo Google Earthで開いた冥王星マップ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -