ニュース
2015年07月15日 18時14分 UPDATE

「ニコニコドキュメンタリー」開始 日韓問題に切り込むオリジナル作など配信

ドキュメンタリーを中心とした世界の映像作品を配信する「ニコニコドキュメンタリー」がスタート。第1弾として、日韓問題を描いたオリジナル作品を配信する。

[ITmedia]

 ドワンゴは7月15日、動画サービス「niconico」で、ドキュメンタリーを中心とした世界の映像作品を配信する「ニコニコドキュメンタリー」をスタートすると発表した。第1弾として、日韓問題を描いたオリジナルドキュメンタリー作品「タイズ・ザット・バインド 〜ジャパン・アンド・コリア〜」を配信する。

画像

 同作は、ドワンゴの発案でイギリスの制作会社が制作。従軍慰安婦や領土問題、ヘイトスピーチなどについて、国際的な第三者の視点から取材したという。

 全2話で、エピソード1は7月30日の午後10時から、エピソード2は8月7日の午後10時から配信。配信後には解説番組や討論番組などの生放送するほか、ユーザー同士が議論できる特設サイトも用意する

 中国人監督が1997年から10年間にわたって靖国神社を取材したドキュメンタリー「靖国 YASUKUNI」や、イタリアの若手監督2人が世界中の米軍基地で起きている問題に迫ったドキュメンタリー映画「誰も知らない基地のこと」など、日本の地上波で放送されたことのない世界の作品の配信も行う。

 日本で公開される機会が少ない世界の“問題作”の配給・配信もサポート。第1弾として、オリンパスの損失隠し事件を描いた長編ドキュメンタリー「サムライと愚か者 〜オリンパス事件の全貌〜」を日本で初配信し、今冬劇場公開する。

 同社は「ネットだからこそ配信できる衝撃作や話題作をそろえ、ユーザーの『本当のことを知りたい』という思いに応える」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -