ニュース
2015年07月17日 18時17分 UPDATE

“ロボットアイドル”の普及目指す「ロボドルプロジェクト」発足 「乃木坂46」のMVに出演

ロボットアイドルの普及を目的とした「ロボドルプロジェクト」が発足した。「乃木坂46」のミュージックビデオにプロジェクト所属ロボが出演し、曲に合わせて踊っている。

[ITmedia]

 アスラテックとココロ、佐川電子、博報堂の4社は7月17日、ロボットアイドルの普及を目的とした「ロボドルプロジェクト」を共同で発足させたと発表した。イベントやテレビ番組、映像作品などでのロボットの活用促進と市場開拓を目指す。

 アイドルグループ「乃木坂46」のミュージックビデオに、プロジェクト所属ロボットが出演。乃木坂46のメンバーとロボットが曲に合わせて一緒に踊っている。

画像 「乃木坂46」のミュージックビデオ「魚たちのLOVE SONG」より

 プロジェクトでは、ロボットを活用したエンターテインメントコンテンツが増えてくると予想し、ロボットの適切なキャスティングや動作管理、ロボット用衣装・メイクなどのサポートを提供する。今後、参加企業の拡充やロボットアイドルの発掘を進め、ロボットの活躍の場を広げていく計画だ。

 アスラテックが開発したロボット制御システム「V-Sido OS」による操作に対応したロボットがプロジェクトに所属。同OSは、ロボットをリアルタイムに操縦できるほか、「V-Sido×Songle」(アスラテックと産業技術総合研究所が共同開発した制御システム)を使えば音楽に合わせてロボットを踊らせることも可能だ。

画像 所属ロボット。左から「SE-01」(身長約570ミリ)、「アクトロイド」(身長約1700ミリ)、「ASRA C1」(身長約1200ミリ)、「GR-001」(身長255ミリ) (C)Sagawa Electronics, Inc., (C)VOLKS INC (C)KOKORO CO., LTD. (C)Asratec corp. (C)HPI Japan.

 所属ロボットは、佐川電子が開発した、ドールの形状をした人型ロボット「SE-01」や、ココロが開発した人間そっくりの等身大ロボット「アクトロイド」シリーズ、V-Sido OSのコンセプトモデルロボ「ASRA C1」、エイチ・ピー・アイ・ジャパンが開発し、市販されているホビーロボット「GR-001」など。

 所属ロボが出演するミュージックビデオが公開されている。アイドルグループ「乃木坂46」の「魚たちのLOVE SONG」で、乃木坂46のメンバーと多数の「GR-001」が楽曲に合わせて一緒に踊っているほか、「SE-01」も出演している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -